Top >  切れ痔(裂肛)の治療 >  切れ痔(裂肛)を病院で治す方法

切れ痔(裂肛)を病院で治す方法

ここでは、病院で行う切れ痔(裂肛)の治療についてお話します。




痔の原因を知り、痔にならないように生活をしているけれど、
それでも痔の症状が良くならない方、痔の症状がますます悪化している方は、
痔があまり良くない状態でしょう、早急に肛門科のある病院に受診してください



切れ痔には、便軟化剤やオオバコ種子などを服用して便を軟らかくすると、
下部直腸が潤滑になり排便時の損傷が軽減されるため、投薬が行われます。
潤滑性座薬も有効なので、同時に使用することが勧められます。

排便後10~15分温座浴をすると不快感がなくなり、血行も良くなり治りやすくなります。

現在、有望な治療法として、ボツリヌス菌の毒素を肛門括約筋に注射したり、
またニトログリセリン軟膏やカルシウム拮抗薬を裂肛部に塗って、
けいれんを抑え治癒を促進する方法が開発されています。

ニトログリセリンは、本来心筋梗塞などの心臓発作のための薬です。
カルシウム拮抗薬は、本体血圧を下げるための薬です。

痔で病院にかかったのに、心臓や血圧の薬をもらうことになって、
驚くこともあるかもしれませんが、治療は間違っていないので安心してください


これらの治療でも効果がなければ手術が必要になります。
肛門括約筋のけいれんには、内括約筋を伸展(拡張)させたり、
括約筋の一部を切開したりします(肛門内括約筋切開術)。

進行した切れ痔は指が入らないほどに肛門が狭くなりますので、
この場合は肛門周辺の皮膚を少しだけ切り取り、別途切除した皮膚を、
硬くなった患部のところに移植し、肛門を広げることがあります。



スポンサードリンク


その他切れ痔,治療,病院,ニトログリセリン,カルシウムの情報

ボラギノールは本当に痔に効き目があるの?

痔のくすり(市販薬)といえば「ボラギノール」ですが、ボラギノールは痔に対してどのような効果があるのでしょうか?
ここではボラギノールの効果や副作用などをご紹介します。


痔のかゆみについて

痔に伴うかゆみについて。その原因や治療法を紹介します。


痔の出血について

痔の出血について、詳しく説明していきます。


痔の手術におびえる患者たち
誰だって人には言えないこと、言いづらいことのひとつやふたつあるはずです。病気に関してもそうです。

風邪をひいたり花粉症になった場合はすぐに人に言うことができるでしょうが、言うのをためらう病気だってありますよね。例えば痔がそうじゃないでしょうか。

脱肛の症状や原因・治療方法特集
最近、脱肛の患者さんが非常に増えてきているとの事で、
早速原因を調べてみることにしました。

痔の原因を知り、痔にならない生活をしよう!!
痔の原因を知っていますか?なぜ人は痔になるのでしょう?
痔の原因を知れば、痔の予防を心がけ、痔にならないような生活を送れます。

痔の原因・痔の歴史を知って、痔にならない生活をしよう!!
痔の歴史を知っていますか?なぜ人は痔になるのでしょう?
痔の歴史を知れば、痔をもっと真剣に見つめる機会が増えるかもしれません

痔の中でも有名ないぼ痔(痔核)って、どんな痔?
いぼ痔(痔核・内痔核・外痔核)について、詳しく説明していきます

いぼ痔(痔核)を病院で治す方法
病院で行ういぼ痔(痔核)の治療についてお話します。

痔の中でも有名な痔瘻(穴痔)って、どんな痔?
痔瘻(痔ろう・穴痔)について、詳しく説明していきます。

痔瘻(痔ろう・穴痔)を病院で治す方法
病院で行う痔瘻(痔ろう・穴痔)の治療についてお話します。

痔の中でも有名な切れ痔(裂肛)って、どんな痔?
切れ痔(裂肛)について、詳しく説明していきます。

脱肛を治す方法はあるの?病院にはいきたくない!
痔を患っているのだけれど、病院にかかるのは恥ずかしい、
痔の薬を買いに行くのは恥ずかしい・・と考えている方も多いでしょう。

内痔核と外痔核の治療とケア
早期に肛門科の病院にかかったり、正しい薬で痔を正しくケアすることは
痔を治し、症状を楽にするために非常に大切であることを覚えておい
ここでは、痔の痛みがひどいとき、自宅で行うケアについてお話します。
てください。


切れ痔(裂肛)の治療

切れ痔(裂肛)を病院で治す方法を知りましょう

関連エントリー

切れ痔(裂肛)を病院で治す方法