Top >  いぼ痔(痔核)の治療 >  いぼ痔(痔核)を病院で治す方法

いぼ痔(痔核)を病院で治す方法

病院で行ういぼ痔(痔核)の治療についてお話します。




痔の原因を知り、痔にならないように生活をしているけれど、
それでも痔の症状が良くならない方、痔の症状がますます悪化している方は、
痔があまり良くない状態でしょう、早急に肛門科のある病院に受診してください



通常、いぼ痔(痔核)は症状がなければ治療の必要はありません。
便軟化剤やオオバコなどの下剤の服用で、排便時の力みが軽減させる程度です。

出血を伴う痔には、痔核を瘢痕(はんこん)化させて除去する硬化剤を
肛門に注入する、注入硬化療法が行われます。


大きな内痔核や注入硬化療法で効果がなかった痔には、
内痔核の根元をゴム輪で縛り除去する治療法を行います。
これが輪ゴム結紮法で、痛みもなく、輪ゴムにより痔がしぼみ脱落させる方法です。

輪ゴム結紮法は通院で済む治療法で、通常は入院の必要はありません。

この治療は通常1回に1つの痔核に対して行われ、2週間以上の間隔で行われます。

このほか、レーザー(レーザー破壊)や赤外線(赤外線光凝固術)、
電流(電気凝固法)などを使用して内痔核を破壊する治療法などもあります。




以上のような治療がうまくいかない場合は、手術を行います。
痔の手術は後で強い痛みが起こりやすかったですが、最近は痛みの少ない方法が
行われるようになっています。

その1つに、痔核動脈をドップラー超音波で確認して結紮する方法があります。
これは動脈からの痔核への血流供給を減らす方法です。

また環状に自動吻合器(ふんごうき)で吻合する痔核切除術もあります。



スポンサードリンク


その他いぼ痔,治療,手術,レーザー,病院の情報

ボラギノールは本当に痔に効き目があるの?

痔のくすり(市販薬)といえば「ボラギノール」ですが、ボラギノールは痔に対してどのような効果があるのでしょうか?
ここではボラギノールの効果や副作用などをご紹介します。


痔のかゆみについて

痔に伴うかゆみについて。その原因や治療法を紹介します。


痔の出血について

痔の出血について、詳しく説明していきます。


痔の手術におびえる患者たち
誰だって人には言えないこと、言いづらいことのひとつやふたつあるはずです。病気に関してもそうです。

風邪をひいたり花粉症になった場合はすぐに人に言うことができるでしょうが、言うのをためらう病気だってありますよね。例えば痔がそうじゃないでしょうか。

脱肛の症状や原因・治療方法特集
最近、脱肛の患者さんが非常に増えてきているとの事で、
早速原因を調べてみることにしました。

痔の原因を知り、痔にならない生活をしよう!!
痔の原因を知っていますか?なぜ人は痔になるのでしょう?
痔の原因を知れば、痔の予防を心がけ、痔にならないような生活を送れます。

痔の原因・痔の歴史を知って、痔にならない生活をしよう!!
痔の歴史を知っていますか?なぜ人は痔になるのでしょう?
痔の歴史を知れば、痔をもっと真剣に見つめる機会が増えるかもしれません

痔の中でも有名ないぼ痔(痔核)って、どんな痔?
いぼ痔(痔核・内痔核・外痔核)について、詳しく説明していきます

痔の中でも有名な痔瘻(穴痔)って、どんな痔?
痔瘻(痔ろう・穴痔)について、詳しく説明していきます。

痔瘻(痔ろう・穴痔)を病院で治す方法
病院で行う痔瘻(痔ろう・穴痔)の治療についてお話します。

痔の中でも有名な切れ痔(裂肛)って、どんな痔?
切れ痔(裂肛)について、詳しく説明していきます。

脱肛を治す方法はあるの?病院にはいきたくない!
痔を患っているのだけれど、病院にかかるのは恥ずかしい、
痔の薬を買いに行くのは恥ずかしい・・と考えている方も多いでしょう。

切れ痔(裂肛)を病院で治す方法
ここでは、病院で行う切れ痔(裂肛)の治療についてお話します。

内痔核と外痔核の治療とケア
早期に肛門科の病院にかかったり、正しい薬で痔を正しくケアすることは
痔を治し、症状を楽にするために非常に大切であることを覚えておい
ここでは、痔の痛みがひどいとき、自宅で行うケアについてお話します。
てください。


いぼ痔(痔核)の治療

いぼ痔(痔核)を病院で治す方法を知りましょう

関連エントリー

ボラギノールは本当に痔に効き目があるの?
いぼ痔(痔核)を病院で治す方法